【made in west fair】おしゃれで機能性も◎オーガニックな日本の靴下!

いよいよ今週末までとなった【made in west fair】!
今日はそのなかでもぜひお気に入りの一足を試してほしい、靴下をご紹介したいと思います。



pro_socks_1_20140528222647676.jpg

まずご紹介するのはオーガニックコットンの靴下!

エコロジーや自然派のイメージで選ばれるオーガニックコットンですが、実は一般の綿と比べ吸水性や保湿性に優れる機能性の良い素材です。
手間も時間もかけて丁寧に育てられ、充分に成長してから収穫されるため、空気層がしっかりと形成されるので季節を問わず心地よく履くことができます。



pro_socks_2.jpg

pro_socks_3.jpg

こちらは化学染料を使用していない、「natural color」シリーズ。

素材の色をそのまま活かした明るいオリーブグリーンの「緑綿」、少し緑がかったやさしくニュアンスのある黒の「五倍子(ごばいし)」。
「五倍子」はタンニンを原料とした抗菌力の高い天然染料です。



pro_socks_4.jpg

履き口のゴムをなくしたことで、跡が付いたり、かゆくなってしまうこともなく、リラックスした履き心地!
またスカートに合わせても野暮ったくならない丈感です。



socks-b_00.jpg

「natural color」の他に、差し色になる「vivid color」も!

カラーは落ち着いた色味のイエロー・ピンク・パープルの全3色。
「オーガニック=ナチュラルデザイン」という既成概念を取り払った、ファッション性も高いデザインになっています。




socks-b_04.jpg

socks-b_05.jpg

渋すぎず明るすぎない、ちょっとくすんだ色味なのでコーディネイトのほどよいアクセントになりますよ!


size 22~24cm/24~26cm

natural 緑綿:1,188yen/五倍子:1,512yen
vivid 1,188yen






ribsocks_03.jpg

そして、同じくオーガニックコットンを使用したリブソックスもお取扱いしています!

ムラ感のあるスラブ糸でざっくりと編み上げたことで、締めつけず緩くもない伸縮の程よいフィット感。
ローゲージで仕上げているので軽量でふわっとしているのにボリューム感があり、クッション性が高く、履き心地もばつぐん!



ribsocks_02.jpg

サンダルやブーツなどボリュームのある靴に合わせても負けない存在感です。
カラーはシンプルながらもアクセントにもなるアースカラーの全3色。


size 22~24cm/25~27cm
各1,512yen






linen-s_02.jpg

最後にフランスの良質なリネンを使用したリネンソックス!
「トップ染め」という、糸を紡ぐ前段階で染めているので、しなやかさと、ほどよい光沢感があります。



linen-s_01.jpg

linen-s_04.jpg

リネンのシャリっとした気持ちいい肌触りをキープしつつ、やや太めのリブを柔らかく編み込んだことでふわっとした履き心地になっています。
すぐれた通気性でカジュアルにも上品にも履きこなすことができる、これからの季節におすすめのアイテムです!


size 22~24cm
各1,836yen






par_yamaya_img_1.jpg

par_yamaya_img_4.jpg

これらのオーガニックコットンの靴下をつくるのは奈良県広陵町のヤマヤ株式会社さん。
広陵町は繊維産業の歴史が深く、現在は日本一の靴下生産量を誇っています。

生産拠点が海外に移りゆく中、国内での靴下づくりを途絶えさせないよう地域企業と協働し「オーガニックガーデン」の立ち上げを牽引。
まだエコという価値観のない頃からオーガニックコットンを使った製品の開発を始めました。





知識・経験ともに豊富な職人が、糸の種類や編み方の密度、その他いろいろな条件にあわせて機械の微調整を行っていきます。
多くの工程で人の手が入っていて、まさに職人と機械が息を合わせることで生まれる靴下です。






まだ履いたことがない方にはぜひ試してほしい、日本のオーガニックな靴下。

ぜひこの機会にお気に入りを見つけてくださいね!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。